乾燥剤、脱酸素剤などの使い方やタイプについて解説

ビニール袋の解説, 乾燥剤、脱酸素剤など

1

2

1と2の方法ががあります。2は机上計算できるので便利ですが、ビニール袋の場合は

固定された形ではなく、実際には袋の空気を抜いて密封するため容量が減ります。

従いまして面倒ではあり ...

乾燥剤、脱酸素剤など

エバーフレッシュとは?

脱酸素剤エバーフレッシュは、密封容器の中の酸素を吸収して無酸素状態をつくり、酸素に起因する食品の変質を防止。
食品の鮮度とおいしさを保ち長期保存を可能にします。
エバー(永遠に)・フレッシュ(新鮮 ...

乾燥剤、脱酸素剤など

安全性シリカゲルは純度の高い(99%以上)二酸化ケイ素からなります。二酸化ケイ素は化学的安定で毒性はありません。体内で消化吸収されないので、間違って食べても中毒を起こす心配はありません。
人体に有害とされるカドミウム、クロム、水銀、 ...

乾燥剤、脱酸素剤など

鮮度保持剤選定パック

メーカーでは、安心して商品提供ができるよう、
お客様に安心して商品をお求めいただけるよう、鮮度保持試験を承っております。

試験を受けたお客様の声「正しく使えているかな?」と不安がありながら毎日使ってい ...

乾燥剤、脱酸素剤など

シール部分に油や水、粉などが付着していると、シール不良の原因になります。

背貼り袋のシール方法

背張りの部分がトンネルになりがちです。

両面加熱のシール機を使うか、背貼りののない方を熱盤に向けてシールしてください ...

乾燥剤、脱酸素剤など

脱酸素剤(エバーフレッシュ)

特性

エバーフレッシュは鉄系の脱酸素剤で、無酸素の密封空間を容易に作ることができます。
エバーフレッシュは、初期の酸素吸収速度を抑え、作業性のよいゆとりのある脱酸素剤として開発されたものです。 ...

乾燥剤、脱酸素剤など

脱酸素剤(エバーフレッシュ)のサイズ、価格ページヘ

乾燥剤、脱酸素剤など

タイプ選定はどうしたら良いですか?下記 参考例です開封前なのに外袋に空気が入っているものは使えますか?使えません。

通常開封前は真空状態で外袋はガチガチとなっており、空気は入っておりません。

空気が入っていても検知剤 ...

乾燥剤、脱酸素剤など

“エバーフレッシュ”は、無酸素の密封空間を容易に作る鉄系・非鉄系の脱酸素剤です。
食品の油脂成分やビタミンの酸化防止、カビや腐敗の抑制により、新鮮な風味や栄養素を保持します。

乾燥剤、脱酸素剤など

特性
エバーフレッシュAQタイプは、従来品(Qタイプ)と酸素検知剤を一体にし、目で見て脱酸素状態
(酸素濃度0.1%以下)を確認できるようにした製品です。
※酸素検知剤:袋内に酸素がある場合は紫色、酸素がなくな ...