ビニール袋の解説

クロロプレンの重合体となっている高分子化合物。合成ゴムの一種。耐熱性・耐老化性・耐油性・耐薬品性などは天然ゴムをしのぐ。ゴムとしてのほか、塗料・接着剤・電気絶縁材料としても用いる。商標名ネオプレン。

ビニール袋の解説

炭酸と二価アルコールまたは二価フェノールの縮合重合体とみなせるポリエステルの総称。ビスフェノール A とホスゲンの反応によって得られるものは、耐衝撃性・機械的強度が大きく、レンズ・コンパクト-ディスクをはじめ、機械部品・電気部品として ...

ビニール袋の解説

エチレン(オレフィン)系炭化水素の重合体。包装用フィルムやカーペットの繊維などさまざまな用途がある。

ビニール袋の解説

塩化ビニルの単独重合あるいは酢酸ビニルなどとの共重合により得られる高分子化合物。酸には強いがアルカリには弱い。単独重合体は硬質パイプや板に、可塑剤を加えてフィルム-シートに、共重合体は各種成型品や合成繊維などと用途が広い。略称 PVC ...

ビニール袋の解説

分子内に多くの二重結合をもつ不飽和炭化水素の総称。ポリオレフィン。

ビニール袋の解説

エチレンの付加重合により得られる高分子化合物の総称。無色半透明の可燃性物質。耐薬品性・電気絶縁性・防湿性・耐寒性・加工性が高く、絶縁材料・容器・パッキングなどに用いられる。

ビニール袋の解説

ウレタン結合 ‐NHCOO‐ により高重合体となっている高分子化合物の総称。耐摩耗性・耐薬品性・耐溶剤性・耐老化性が高い。溶剤に溶かして塗料や接着剤とし、さらに繊維としても用いられる。発泡させて得られるウレタン-フォームは家具・建築材 ...

ビニール袋の解説

アミド結合 ‐CO‐NH‐ により高重合体となっている高分子化合物の総称。一般に、強靭で耐摩耗性・耐薬品性・電気絶縁性にすぐれ、合成繊維として、また特に、近年は機械部品・電気部品として用いられる。ナイロンは、合成繊維として最初に市販さ ...

ビニール袋の解説

ホルムアルデヒドの重合体と同様な結合をもつ高分子化合物の総称。代表的なものにはポリオキシメチレン( POM )などがあり、機械部品・電気部品などに用いられる。

ビニール袋の解説

〔ギリシャ語で、「多い」意〕「重合体」の意で他の語の上に付いて、化合物名などに用いられる。
「―-エチレン」「―-オレフィン」