ビニール袋の解説

多くの消費財に付けられているJANコード(Japanese Article Number)は、世界の約100か国で同一の規格で使用されている共通の規格になっており、このJANコードは国際的にはEANコードと呼ばれ、また米国やカナダで使 ...

ビニール袋の解説

生分解性プラスチックとは、使用時は従来のプラスチックと同じ様な機能を保ち、使用後は自然界の土や水中に生息する微生物の働きによって、環境に悪影響を与えない低分子化合物分解され、最終的には水や二酸化炭素に分解される新しいプラスチック。

ビニール袋の解説

正称、再生資源の利用の促進に関する法律。1991 年(平成 3)制定。資源の有効利用と廃棄物の減量を目的に、自動車や家電製品などにリサイクルが容易となるような工夫を求めたり、缶類の分別識別マーク表示などを導入した。廃棄物処理法と共にリ ...

ビニール袋の解説

レジ袋の削減をはじめとする容器包装廃棄物の3R(リデュース・リユース・リサイクル)を一層推進するため、改正容器包装リサイクル法が本年4月1日施行されました。具体的な内容としては、レジ袋等の容器包装を使って私達消費者に商品を販売するスー ...

ビニール袋の解説

トウモロコシのデンプンなどを発酵させて乳液を取り出し、触媒や熱を加えて乳酸の分子を結合してつくる。原料に石油を使っていないので生分解性プラスチックの一種である。一定の条件のもとで水と二酸化炭素に分解する機能があることから、環境負荷の低 ...

ビニール袋の解説

国際線の航空機内への液体物持込制限の導入にともない、液体物に関しては透明のチャック付きビニール袋に入れなければならなくなりました。

(1)あらゆる液体物は、100ミリリットル以下の容器に入れてください。
・100ミ ...

ビニール袋の解説

直径または、一辺が2?5mmぐらいの球形、円柱形または、角柱形に造粒した成形材料をいう。

ビニール袋の解説

薄い製品に出来た貫通した微細な穴をいう。

ビニール袋の解説

酢酸ビニルの単独重合、または酢酸ビニルを主成分とする共重合により得られる高分子化合物。無色透明で水に不溶。接着剤・塗料やチューインガムのベースなどにも用いるが、大部分は加水分解によりポリビニルアルコールとして、ビニロンの合成原料となる ...