ビニール袋の解説

分子構造の中にふっ素原子を含む高分子をふっ素樹脂と呼んでいます。ポリオレフィン等衛生協議会自主基準の対象となるふっ素樹脂には7種類があります。(PTFE, PFA FEP, ETFE, PCTFE, ECTFE, PVDF)その中では ...

ビニール袋の解説

ポリアクリロニトリルはアクリロニトリルを50%以上含む基ポリマーを主成分とするプラスチックです。
 アクリロニトリルは繊維や合成ゴム等の原料に用いられていますが、ポリアクリロニトリルは、その耐薬品性やガスバリヤー性を活かし、さ ...

ビニール袋の解説

ポリフェニレンエーテルは、フェノールとメタノールを原料として作られる非結晶性の熱可塑性樹脂です。電気特性(絶縁性)と耐熱性等に優れているのが特長です。
 ポンプインペラー、水道用バルブ、家庭電気製品や自動販売機の部品などに使用 ...

ビニール袋の解説

ABS樹脂は、ポリアクリロニトリルが持つ剛性,耐薬品性,耐熱性,ポリスチレンが持つ成形性,表面外観,ポリブタジエンが持つ耐衝撃性,耐寒性がバランスよくミックスした樹脂特性をもっています。ABS樹脂は、組成、構造などポリマーを設計する上 ...

ビニール袋の解説

AS樹脂は、スチレンとアクリロニトリルとの共重合体でスチレン系の熱可塑性樹脂です。 すなわち、AS樹脂は、スチレンとアクリロニトリルという2種類のモノマーが一定の比率で混ぜ合わされて結合し、高分子になったもので、ポリスチレンに似て硬く ...

ビニール袋の解説

ポリスチレンは、スチロール樹脂と呼ばれるこ ともありますが、これはドイツ語からくる呼び方で す。英語のPolystyreneを略してPSとも呼ばれま す。スチレンモノマーを重合して製造します。    1930年にドイツで初めて工業化さ ...

ビニール袋の解説

エチレン・テトラシクロドデセン・コポリマーはエチレンと環状オレフィンの一種であるTD(テトラシクロドデセン)を共重合したポリマーです。
 一般的には環状オレフィンコポリマー、略してCOCと言います。国内では三井化学株式会社がチ ...

ビニール袋の解説

ブタジエン樹脂は、分子量と結晶性を適度に調節することにより一般のプラスチック加工機械で容易に成形でき、種々の用途に使用されている樹脂です。生産量は年間約15,000トンで、そのうち食品関連需要は約500トンとなっています(1992年) ...

ビニール袋の解説

ナフサの分解物であるブテンー1をチーグラ系触媒により、重合することによって得られるものです。
 ポリブテンー1は、分子量が100万?300万と非常に高いことと、分子構造の特異性から、他の熱可塑性樹脂にない、抜群のクリープ特性、 ...

ビニール袋の解説

ポリメチルペンテンは、4-メチルペンテン-1を主原料としてチーグラ触媒を用いて重合された樹脂です。
 ポリメチルペンテンは、ポリエチレンやポリプロピレンに比べ、耐熱性、透明性、離型性、ガス透過性に優れ、射出成形、および押出成形 ...